視力低下の原因と予防法・ドットコム

視力が低下する原因はもちろん、子供の視力低下、急激に視力が落ちる理由、その症状と予防、防止、対策法を解説しています。

視力低下の原因を知って、予防を!

視力低下の原因と予防・ドットコムでは、子供や学生、大人、年配のかたの視力が落ちる要因を探求し、くわしく解説しています。

眼科医にいわせれば、近視による視力低下の原因は、遺伝であり、生まれつきの遠視の度合いによるので、どうしようもない、ということになるかもしれません。

そうかもしれませんが、昨今のパソコンやゲーム機の普及に伴う、近視人口の増加傾向は、どう説明するのでしょうか?

こういったVDT機器が、もしなかったならば、これほど近視の人は多くはならなかったと思われます。つまり視力低下の原因は、遺伝の影響は受ける可能性はあるけれども、環境の影響のほうがもっと大きいといえそうです。

視力低下の原因には、さまざまあり、慎重に考えないといけません。一般的にはニンテンドーDSやPSPなどの携帯型ゲーム機のやりすぎとか、パソコン作業のしすぎによる、毛様体筋や外眼筋の硬直が考えられます。これによって、近視が発生し、視力が急に落ちた、となるわけですね。

ところが子供の視力低下の原因は、わけて考えないといけません。まず子どもの視力悪化は、急激に進行します。そのため学校の健康診断、いわゆる学校検眼でB判定やC判定、D判定をもらったときに、早期対処することが、なによりも大切になります。

できるだけ仮性近視の段階で、視力を回復させることが、幼児や小学生の子供の視力改善のポイントになります。もしメガネやコンタクトレンズの装用をすることになると、近い将来、経済的にもスポーツや職業の選択にも影響がでてきます。

また遠視や乱視、心因性視力障害のこともあるので、子供の視力低下の原因は複雑です。とくに子供の遠視を放置していると、弱視になり、眼鏡で視力矯正しても視力1.0以上が出なくなるので要注意です。

そのほか大人では、老眼や眼病が視力低下の原因であることもあります。ですから、なにはともあれ急激に視力が低下したときは、まずはすぐに眼科を受診することです。急性緑内障や網膜剥離、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症は、失明につながるので大変危険な目の病気なのです。

当サイトでは主に、近視・近眼に焦点を当て、視力低下の原因と、その予防法を探っています。当サイトが皆様の視力向上と維持に、お役に立てれば幸いです。
>> 視力低下の原因を解明した、近視トレーニングの方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力回復の治療法 近視の視力回復の研究 子供の視力低下を予防するには 視力0.3の回復 簡単な視力回復トレーニングの方法

視力低下の原因と予防のポイント